睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

何時間眠れば一番健康によいのか、ということは、睡眠の作用を考えることに繋がっていきます。私たち人間にとっての睡眠の役割は、発達した大脳を休めることにあります。人間の大脳の中でも、認知機能を司る前頭葉(ぜんとうよう)や、感覚の処理や運動をつかさどる頭頂葉は、人間に近いゴリラと比較しても非常に発達したものです。人間にとって、この発達した大脳を休ませ、脳と身体の疲れをとり、心身の機能を回復させるのが睡眠です。

ストレスを思っている場合は、脳がつかれている状態であるとも言えます。「嫌なことも寝たら忘れた」と言う人がいるように、睡眠を取ることで、疲れた脳を休ませることができるため、睡眠は非常に効果的なストレス解消法です。睡眠が慢性的に不足すると、ストレスが徐々にたまり、うつ病をはじめとする精神疾病や、不眠症などの睡眠障害を発症することにもつながります。

生活習慣病は、勿論生活の習慣で起こす病気です。睡眠もまた、これらの生活習慣とは深く関係しています。たとえば睡眠不足だと日中眠くなり、活発に活動できず、本来身体活動で使うはずだったエネルギーが余って肥満を招きます。またお酒やお茶には利尿作用があり、寝る間際に飲むと途中で起きることが多くなり、睡眠不足に。今現在、生活習慣病と診断されていない人も、このような生活習慣があれば将来生活習慣病にも睡眠障害にもなる確率が高くなるのでご注意ください

睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

睡眠薬はいわゆる不眠症がある時に、不眠の症状を改善するために服用する薬です。眠気をもたらすお薬ということですが、睡眠薬とはいっても実は様々なお薬があります。睡眠薬の過量使用は死ぬことに至る可能性があると報告されています。しかし、睡眠薬の正しい服用量と服用方法を守れば、そんなに怖くないと報告されてきました。医学の発展に従って効果がよくて副作用が小さい睡眠薬の開発が期待できます。

睡眠薬の正確な使用について、(1)お酒と一緒に睡眠薬を服用すると、アルコールとお薬の両方の効果が強まりますので、絶対に避けてください。(2)自然な睡眠のリズムに沿って、適切な時刻に服用してください。(3)空腹時はお薬の吸収が悪くなるので、夕飯は普通に食べてください。(4)他の病気で別のお薬を飲んでいる時は、必ず主治医に伝えてください。(5)医師と相談し、睡眠薬服用後は早く床に入ってください。お薬は服用後15〜60分で効果が出始めます。自分の判断で睡眠薬を調節すると効果が得られないことがありますので、医師の指示を守りましょう。また、法律によって禁止されていますので、睡眠薬は他人にあげたりしないでください。

また、睡眠薬の服用時には、他の薬との飲み合わせも気にしなくてはいけないのです。アトピーや花粉症などの薬として用いられる抗ヒスタミン剤を睡眠薬と一緒に飲んでしまえば、効果が強くなりすぎ副作用が現れることがあるのです。グレープフルーツも睡眠薬の効果を強くする働きがあるので、グレープフルーツ自体やこれを使ったジュースや食べ物なども、控えておきましょう。睡眠薬の処方を医師からしてもらうときに、必ず自分が服用している薬の名前と種類を伝えておくようにしておきましょうね。

睡眠薬を大量に飲むことは自殺をはかろうとしたり悪用されるようなイメージがあるかもしれません。あらかじめお伝えしておきますが、睡眠薬を大量に飲んだからといって死ぬことは難しいと言われています。楽にもなれず良いことはないので、決して大量に飲んだりすることはしないようにしてください。睡眠薬には脳を抑制させるはたらきがあるので、大量に飲めば、原理的には呼吸停止に至って死ぬ可能性はあるようです。しかし、この大量というのは、数千錠とか数万錠とか、大量な服用であり、人間がそんな量の錠剤を飲むのは現実的に困難というレベルです。

睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

睡眠薬とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物です。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用があります。睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれています。睡眠薬の種類がいろいろありますが、睡眠薬の強さによって、睡眠薬は主にバルビツール酸系、ベンゾジアゼビン系、非ベンゾシアゼピン、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬という5種類があります。

本来睡眠薬は、短期間の処方を前提とされて、処方されるべき薬です。睡眠薬が持つ危険性について、必ず注意書き(説明書)をもらいます。もちろん、薬剤師から口頭でも説明があります。最近では、様々なニュースや、実際に使用した方の感想でも知ることができます。安全と言われていた睡眠薬(睡眠安定剤)に、大きな問題、特に依存症と副作用のリスクが高いということも、明らかになってきています。

一般的に人々が睡眠薬を購入するとき、だいたい三つの購入方法があります。すなわち、病院で医師からの処方箋によって睡眠薬を購入します。また、自分が医薬品を売る実体店で買います。あるいはインターネットで国内サイト、また国外サイトで睡眠薬を購入します。後の二つは個人購入と言われています。前者より、後者のリスクがもっと高いと思われています。なぜなら、一つは個人体質の違いによって過量服用や副作用が出てくる可能性があり、また、もう一つは偽物が多いので、油断するなら、偽物を購入しやすいからです。

市場で睡眠薬の販売に対する管理が厳しいですけど、睡眠薬の偽物が出ることもありますから、。そういう睡眠薬の偽物は効果があまりないだけでなく、人々の健康にも良くない影響を与えることが多いと認められています。それで、できるだけ病院で医師からの処方箋によって睡眠薬を購入したほうがいいと思われています。また、個人購入の場合、正規なサイトで購入してください。

睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

不眠症になったら、本当に辛いです。不眠症の改善は非薬物療法と薬物療法という二種類があります。不眠症の薬物療法はすなわち睡眠薬の利用することです。睡眠薬の種類によって催眠の強さも異なっています。また、個人体質によって副作用、また過敏反応が現れることもあります。それで、睡眠薬を使用するとき、各種類の睡眠の成分、強さ、作用時間を詳しく了解することが必要です。これから、睡眠薬の強さを比較させていただきます。

バルビツール酸系
バルビツール酸系は1950年代から使われ始めた最古の睡眠薬です。眠らせる力は非常に強い事が特徴で、麻酔として使われることもあるくらいです。しかし、強すぎるあまり副作用に注意が必要です。現在では不眠症にバルビツール酸系が使われることはほとんどありません。

ベンゾジアゼピン系
脳内の抑制の神経伝達物資である「GABA」の催眠作用を増強し、自然な眠りを促してくれます。バルビツール酸系睡眠薬と違い、脳に直接作用するものではないため、呼吸器系など重大な副作用が生じる心配がなくなります。副作用がないわけではありませんが、バルビツール酸系のような命に関わるような重篤な副作用を起こすことはほぼありません。長期服用により耐性ができ、服用量を増やす様になる、依存性の問題があります

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
非ベンゾジアゼピン系とは、ベンゾジアゼピン系の改良型の睡眠薬です。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、作用時間の短いものしかありません。現時点で発売されているものは全て超短時間型になります。そのため、非ベンゾジアゼピン系は主に寝つきが悪いタイプの不眠(入眠障害)に用いられ、夜中に何度も起きてしまうタイプ(中途覚醒)にはあまり向きません。

睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

不眠症の原因
(1)自律神経失調
不眠症の原因と言えば、自律神経失調症の症状も持っている場合が多いものなのです。夜遊びは当然のこと、夜勤や夜12時過ぎに寝る方は、自律神経が乱れやすいので注意しましょう。
(2)心の興奮
昼間に緊張や興奮をしすぎた場合、夜になっても緊張や興奮が鎮まりにくく、眠れなくなる場合があります。また明日のことで興奮してる場合とは、子供の頃の遠足が楽しみで興奮して眠れないというようなことです。楽しみな興奮ならいいのですが、嫌な仕事だと不安感などから「動く神経」が強くなり不眠症となります。
(3)長期的緊張
心配事が多いとその心配事が気になって、なかなか眠れない状態になってしまうのがこの状態です。この状態が長く続くと、「継続的緊張」になってしまいます。長期間のストレスや不安などを感じていると、心と体が緊張癖を持ってしまいます。それで、ストレスの強さが増しますので、不眠症になります。
(4)うつ病
器質的なうつ病などの精神的な病気や障害が原因となって起こる不眠症は多いと認められています。

睡眠薬とは
睡眠薬はいわゆる不眠症がある時に、不眠の症状を改善するために服用する薬です。眠気をもたらすお薬ということですが、睡眠薬とはいっても実は様々なお薬があります。

また、不眠症といっても、寝つきがわるい入眠障害、途中で起きてしまう中途覚醒、早く目覚めてしまう早朝覚醒、熟睡感がない熟眠障害などの種類があります。その睡眠のタイプによって薬を使い分けた方がより良質の睡眠をとることができるようになります。

睡眠薬の副作用
睡眠薬の副作用はだいたい依存性がかなり強い、肝臓に相当負担をかけている、脱力感を伴う副作用が飲めば飲むほど強くなり、精神不安定が増す場合がある、急にやめることができない、睡眠薬を飲んだからといって、不眠症やうつ病が根本的に治るわけではない(一時的)、使えば使うほど副作用が出やすくなり、抜け出せなくなってしまう、他の薬との飲み合わせによって副作用がかなり出やすくなることなどの副作用があると言われています。

以上の睡眠薬の副作用が確かに存在していますが、正しい服用量と服用方法を守れば、そんなに怖くないと報告されてきました。睡眠薬の普通の真実な副作用は翌日のふらつきや眠気です。

睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

まずこれを見てください!
推奨睡眠時間:
1.新生児 (0–3 ヶ月)
推奨時間:14 〜 17 時間
2.乳児 (4–11 ヶ月)
推奨時間:12 〜 15 時間
3.幼児 (1–2 歳)
推奨時間:11 〜 14 時間
4.就学前 (3–5 歳)
推奨時間:10 〜 13 時間
5.学童 (6–13 歳)
推奨時間:9 〜 11 時間
6.青年 (14–17 歳)
推奨時間:8 〜 10 時間
7.若年者 (18 – 25 歳)、中年者 (26 – 64 歳)
推奨時間:7 〜 9 時間
8.老人 (65 歳以上)
推奨時間:7 〜 8 時間

睡眠
体の動きが止まって、外的な刺激に対する一切反応が低下して、意識も失われているという状態は目覚めると言われています。この間は心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成などにも深く関わっているとされる。この目覚める状態はつまり睡眠であります。
睡眠とははつまりねむることであります。そして、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことであります。

睡眠と僕たちの健康
僕たちの体を維持する神経伝達物質は、ノルアドレナリン、セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリン、オレキシンなどすべて睡眠中に産生してきます。もし睡眠不足の場合は生命にとって大切な「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があります。特に成長ホルモンの分泌にも悪影響があります。これは乳幼児・幼児・青少年では身体の成長にも悪影響があり(身長が伸びにくくなる)。

睡眠不足の悪影響
1.胃や腸の調子が悪くなります。

2.顔がむくみ、血色が悪くなり、皮膚の状態は目に見えて悪くなります。

3.肥満を招きがちであります。

4.躁状態や不安定になり、人間関係が悪くなります。

5.記憶力、集中力などに悪影響があります。

6.仕事のミスが増え、肉体労働などをしている人では深刻な負傷を負ったり死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)が増してしまう可能性があります。

不眠症
不眠症とは必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害であります。つまり、上述に言った目覚める状態が維持していないです。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。そして、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

不眠症の原因
1.生活習慣
徹夜や夜勤などによって睡眠不足、ファストフードを食べすぎで栄養バランを取れないまた運動不足などのことは不眠の原因になりえます。

2.環境
湿度、時差、光また時差がある場所、枕が変わるということは不眠の原因になりえます。

3.ストレス
よく緊張、日常的なストレスを感じやすいということは不眠の原因になりえます。

4.覚醒物を取る
寝る前には「カフェイン」の入った飲み物(コーヒー、お茶など)を飲むということで、不眠になる可能性があります。

5.ある病気
かゆみや痛みなど体が不快感を感じる病気がある場合は不眠になりやすいであります。

不眠症があった人にとって生活習慣を改善すること以外は「睡眠薬」をふ服用して睡眠をコントロールすることが多くになります。今から睡眠薬について正しい知識をご紹介します。

睡眠薬
睡眠薬は、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物であり、また1880年代に開発されたパルピツール酸塩系に始まります。最初のパルビツール酸塩系睡眠薬は耐性依存性を形成しやすく、呼吸中枢を強く抑制し死亡へ至ることがあるので「睡眠薬は恐ろしい薬」としう印象がありました。

現在による睡眠薬のはすべて1950年後開発されたベンゾジアゼピン(BZ)系睡眠薬と1980年後開発された非BZ系の睡眠薬であります。

睡眠薬の種類
睡眠薬の種類は薬の作用時間によって超短時間型、短時間型、中時間型そして長時間型に分けられます。

1.超短時間型(半減期が2~4時間程度)今購入できる睡眠薬はマイスリー、ハルシオン、アモバン そしてルネスタであります。

2.短時間型(半減期が6~12時間程度)今購入できる睡眠薬はレンドルミン、ロラメット、エバミールそしてリスミーであります。

3.中時間型(半減期が12~24時間程度)今購入できる睡眠薬はロヒプノール、サイレース、.ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、エリミンであります。

4.長時間型(半減期が24時間以上)今購入できる睡眠薬はドラール、ダルメート、ベノジール、ソメリンであります。

睡眠薬の副作用

1.記憶障害
記憶障害はつまり健忘です。
薬を飲んでから眠るまでの出来事や、夜中に目が覚めたときの出来事などを忘れてしまうことが発生する可能性が高いです。

2.持ち越し効果
睡眠作用が翌日にも残ってしまい、日中の眠気やふらつき、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。そして、高齢の場合は薬の代謝に時間がかかるようになり持ち越し効果が起きやすくなります。

睡眠薬の致死量
睡眠薬の致死量についてただ1880年代に開発されたパルピツール酸塩系睡眠薬は致死的になることが有るしかないです。他の睡眠薬は、過量服薬しても致死的になる心配はほとんどありません。

注意してください!
今日でも処方されているバルビツール酸系睡眠薬の成分はベゲタミンA・ベゲタミンB・ラボナ・イソミタールなどです。これらの睡眠薬では用量の5~10倍ほどで致死的になる可能性があるので注意が必要です。

致死の原因は
バルビツール酸系睡眠薬の効果は強力ですので大量に服用すると、脳の機能を落として、中脳が抑制されると意識消失することができます。そして、脳幹の延髄が抑制されると、命に関わることになります。

>>シリアスの値段は確かにほかのED治療薬よりちょっと高いです。愛用者はいろいろな方法でシアリスを購入できます。

>>勃起不全は「勃起できない様子」だけを指すと思われるでしょう。勃起不全の治療薬として、「PDE5阻害薬」というものをさします。

>>精力剤とは、男性の場合は、ED(勃起障害)、早漏や遅漏(射精障害)そして性欲減退等です。精力剤の出現は男性にとって、本当に幸せなことです。

>>ペニス増大内服の大切な成分はPDE5の分泌を阻害します。新型のペニス増大精力剤は増大元となる細胞を活性化させます。