睡眠薬・睡眠薬のタイプと副作用

まずこれを見てください!
推奨睡眠時間:
1.新生児 (0–3 ヶ月)
推奨時間:14 〜 17 時間
2.乳児 (4–11 ヶ月)
推奨時間:12 〜 15 時間
3.幼児 (1–2 歳)
推奨時間:11 〜 14 時間
4.就学前 (3–5 歳)
推奨時間:10 〜 13 時間
5.学童 (6–13 歳)
推奨時間:9 〜 11 時間
6.青年 (14–17 歳)
推奨時間:8 〜 10 時間
7.若年者 (18 – 25 歳)、中年者 (26 – 64 歳)
推奨時間:7 〜 9 時間
8.老人 (65 歳以上)
推奨時間:7 〜 8 時間

睡眠
体の動きが止まって、外的な刺激に対する一切反応が低下して、意識も失われているという状態は目覚めると言われています。媚薬この間は心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成などにも深く関わっているとされる。この目覚める状態はつまり睡眠であります。
睡眠とははつまりねむることであります。そして、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことであります。

睡眠と僕たちの健康
僕たちの体を維持する神経伝達物質は、ノルアドレナリン、セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリン、オレキシンなどすべて睡眠中に産生してきます。もし睡眠不足の場合は生命にとって大切な「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があります。特に成長ホルモンの分泌にも悪影響があります。早漏これは乳幼児・幼児・青少年では身体の成長にも悪影響があり(身長が伸びにくくなる)。

睡眠不足の悪影響
1.胃や腸の調子が悪くなります。

2.顔がむくみ、血色が悪くなり、皮膚の状態は目に見えて悪くなります。

3.肥満を招きがちであります。

4.躁状態や不安定になり、人間関係が悪くなります。

5.記憶力、集中力などに悪影響があります。

6.仕事のミスが増え、肉体労働などをしている人では深刻な負傷を負ったり死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)が増してしまう可能性があります。

不眠症
不眠症とは必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害であります。つまり、上述に言った目覚める状態が維持していないです。レビトラ日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。そして、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

不眠症の原因
1.生活習慣
徹夜や夜勤などによって睡眠不足、ファストフードを食べすぎで栄養バランを取れないまた運動不足などのことは不眠の原因になりえます。

2.環境
湿度、時差、光また時差がある場所、枕が変わるということは不眠の原因になりえます。

3.ストレス
よく緊張、日常的なストレスを感じやすいということは不眠の原因になりえます。

4.覚醒物を取る
寝る前には「カフェイン」の入った飲み物(コーヒー、お茶など)を飲むということで、不眠になる可能性があります。

5.ある病気
かゆみや痛みなど体が不快感を感じる病気がある場合は不眠になりやすいであります。

不眠症があった人にとって生活習慣を改善すること以外は「睡眠薬」をふ服用して睡眠をコントロールすることが多くになります。今から睡眠薬について正しい知識をご紹介します。

睡眠薬
睡眠薬は、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物であり、また1880年代に開発されたパルピツール酸塩系に始まります。最初のパルビツール酸塩系睡眠薬は耐性依存性を形成しやすく、呼吸中枢を強く抑制し死亡へ至ることがあるので「睡眠薬は恐ろしい薬」としう印象がありました。

現在による睡眠薬のはすべて1950年後開発されたベンゾジアゼピン(BZ)系睡眠薬と1980年後開発された非BZ系の睡眠薬であります。

睡眠薬の種類
睡眠薬の種類は薬の作用時間によって超短時間型、短時間型、中時間型そして長時間型に分けられます。

1.超短時間型(半減期が2~4時間程度)今購入できる睡眠薬はマイスリー、ハルシオン、アモバン そしてルネスタであります。

2.短時間型(半減期が6~12時間程度)今購入できる睡眠薬はレンドルミン、ロラメット、エバミールそしてリスミーであります。

3.中時間型(半減期が12~24時間程度)今購入できる睡眠薬はロヒプノール、サイレース、.ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、エリミンであります。

4.長時間型(半減期が24時間以上)今購入できる睡眠薬はドラール、ダルメート、ベノジール、ソメリンであります。

睡眠薬の副作用

1.記憶障害
記憶障害はつまり健忘です。
薬を飲んでから眠るまでの出来事や、夜中に目が覚めたときの出来事などを忘れてしまうことが発生する可能性が高いです。

2.持ち越し効果
睡眠作用が翌日にも残ってしまい、日中の眠気やふらつき、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。そして、高齢の場合は薬の代謝に時間がかかるようになり持ち越し効果が起きやすくなります。

睡眠薬の致死量
睡眠薬の致死量についてただ1880年代に開発されたパルピツール酸塩系睡眠薬は致死的になることが有るしかないです。他の睡眠薬は、過量服薬しても致死的になる心配はほとんどありません。

注意してください!
今日でも処方されているバルビツール酸系睡眠薬の成分はベゲタミンA・ベゲタミンB・ラボナ・イソミタールなどです。これらの睡眠薬では用量の5~10倍ほどで致死的になる可能性があるので注意が必要です。

致死の原因は
バルビツール酸系睡眠薬の効果は強力ですので大量に服用すると、脳の機能を落として、中脳が抑制されると意識消失することができます。そして、脳幹の延髄が抑制されると、命に関わることになります。

>>シリアスの値段は確かにほかのED治療薬よりちょっと高いです。愛用者はいろいろな方法でシアリスを購入できます。

>>勃起不全は「勃起できない様子」だけを指すと思われるでしょう。勃起不全の治療薬として、「PDE5阻害薬」というものをさします。

>>精力剤とは、男性の場合は、ED(勃起障害)、早漏や遅漏(射精障害)そして性欲減退等です。精力剤の出現は男性にとって、本当に幸せなことです。

>>ペニス増大内服の大切な成分はPDE5の分泌を阻害します。新型のペニス増大精力剤は増大元となる細胞を活性化させます。