睡眠導入剤とは何?

日本人の中で睡眠不足を特に大きな問題と思っている人はたくさんと考えられます。睡眠不足の影響があっても、頭痛や集中力の低下くらいだろうと軽く考えているのではないでしょうか。睡眠に時間をとるなんてもったいないと考えている人もいるかもしれませんね。しかし、睡眠不足に関する研究では、実は恐ろしい健康リスクがいろいろ発見されているんですよ。なんと睡眠不足の人は、糖尿病やガンにかかるリスクが高くなるという研究結果もあるんです以下は睡眠不足の良くない影響です。

睡眠中には、毎日おそよ5,000億〜1兆個の細胞がまた生かすと言われています。ですので、不眠や睡眠不足などで睡眠時間が十分にとれないと、この細胞の再生が不完全のまま終わることになり、病気の原因などにつながってしまうのです。こうした「人間の成長と細胞の再生」に大きく関わっているのが、「成長ホルモン」です。昔から「寝る子は育つ」とよく言いますが、「成長ホルモン」は子どもだけではなく、成人以降にも必要なホルモンとなります。

安心してくれる睡眠は人にとって、不可欠なことです。より良い睡眠効果に達するために、睡眠薬と睡眠導入剤をよく利用されています。これらは広義には睡眠作用をもたらす薬のことで同じ意味とも言えますが、厳密には使い分けられているのです。睡眠導入剤というのは、特に寝つきを良くするタイプの睡眠薬のことです。つまり、睡眠薬の中に睡眠導入剤が含まれているとイメージしてください。しかし、どのくらい入眠に対する力が強いと睡眠導入剤と呼ばれて、どのくらい弱いと睡眠導入剤とは言わないのか、という線引きのラインは明確に決まっているわけではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です