睡眠薬の個人購入について

睡眠薬とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物です。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用があります。睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれています。睡眠薬の種類がいろいろありますが、睡眠薬の強さによって、睡眠薬は主にバルビツール酸系、ベンゾジアゼビン系、非ベンゾシアゼピン、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬という5種類があります。

本来睡眠薬は、短期間の処方を前提とされて、処方されるべき薬です。睡眠薬が持つ危険性について、必ず注意書き(説明書)をもらいます。もちろん、薬剤師から口頭でも説明があります。最近では、様々なニュースや、実際に使用した方の感想でも知ることができます。安全と言われていた睡眠薬(睡眠安定剤)に、大きな問題、特に依存症と副作用のリスクが高いということも、明らかになってきています。

一般的に人々が睡眠薬を購入するとき、だいたい三つの購入方法があります。すなわち、病院で医師からの処方箋によって睡眠薬を購入します。また、自分が医薬品を売る実体店で買います。あるいはインターネットで国内サイト、また国外サイトで睡眠薬を購入します。後の二つは個人購入と言われています。前者より、後者のリスクがもっと高いと思われています。なぜなら、一つは個人体質の違いによって過量服用や副作用が出てくる可能性があり、また、もう一つは偽物が多いので、油断するなら、偽物を購入しやすいからです。

市場で睡眠薬の販売に対する管理が厳しいですけど、睡眠薬の偽物が出ることもありますから、。そういう睡眠薬の偽物は効果があまりないだけでなく、人々の健康にも良くない影響を与えることが多いと認められています。それで、できるだけ病院で医師からの処方箋によって睡眠薬を購入したほうがいいと思われています。また、個人購入の場合、正規なサイトで購入してください。