睡眠薬の副作用

不眠症の原因
(1)自律神経失調
不眠症の原因と言えば、自律神経失調症の症状も持っている場合が多いものなのです。夜遊びは当然のこと、夜勤や夜12時過ぎに寝る方は、自律神経が乱れやすいので注意しましょう。
(2)心の興奮
昼間に緊張や興奮をしすぎた場合、夜になっても緊張や興奮が鎮まりにくく、眠れなくなる場合があります。また明日のことで興奮してる場合とは、子供の頃の遠足が楽しみで興奮して眠れないというようなことです。楽しみな興奮ならいいのですが、嫌な仕事だと不安感などから「動く神経」が強くなり不眠症となります。
(3)長期的緊張
心配事が多いとその心配事が気になって、なかなか眠れない状態になってしまうのがこの状態です。この状態が長く続くと、「継続的緊張」になってしまいます。長期間のストレスや不安などを感じていると、心と体が緊張癖を持ってしまいます。それで、ストレスの強さが増しますので、不眠症になります。
(4)うつ病
器質的なうつ病などの精神的な病気や障害が原因となって起こる不眠症は多いと認められています。

睡眠薬とは
睡眠薬はいわゆる不眠症がある時に、不眠の症状を改善するために服用する薬です。眠気をもたらすお薬ということですが、睡眠薬とはいっても実は様々なお薬があります。

また、不眠症といっても、寝つきがわるい入眠障害、途中で起きてしまう中途覚醒、早く目覚めてしまう早朝覚醒、熟睡感がない熟眠障害などの種類があります。その睡眠のタイプによって薬を使い分けた方がより良質の睡眠をとることができるようになります。

睡眠薬の副作用
睡眠薬の副作用はだいたい依存性がかなり強い、肝臓に相当負担をかけている、脱力感を伴う副作用が飲めば飲むほど強くなり、精神不安定が増す場合がある、急にやめることができない、睡眠薬を飲んだからといって、不眠症やうつ病が根本的に治るわけではない(一時的)、使えば使うほど副作用が出やすくなり、抜け出せなくなってしまう、他の薬との飲み合わせによって副作用がかなり出やすくなることなどの副作用があると言われています。

以上の睡眠薬の副作用が確かに存在していますが、正しい服用量と服用方法を守れば、そんなに怖くないと報告されてきました。睡眠薬の普通の真実な副作用は翌日のふらつきや眠気です。