睡眠薬の安全性、不正服用が危ない!

睡眠薬は危険?
睡眠薬と聞くと、「危ない薬」というイメージを持つ人が少なくいません。確かにどんな医薬品でも多少危険性が存在しています。睡眠薬はほかの薬と比べて、人々の神経に作用しますから、依存症や呼吸停止などのリスクはもっと高いと認められています。また、「睡眠薬が危ない薬」というイメージが強いもう一つの理由は一昔前まで使われていた「バルビツール酸系」、「非バルビツール酸系」といった古いタイプの睡眠薬は、現れる効果が強いものの副作用も強く、過剰摂取で呼吸困難や依存症などの危険性があったようです。

睡眠薬の安全性
過去の睡眠薬は脳の睡眠、覚醒をコントロールする部位に直接働くために、強い催眠作用があったのです。その反面、麻酔薬に似た働きをしますから、大量に飲むと、呼吸が停止することもあり、安全性については確かに疑問が残るものでした。しかし、現在では睡眠薬の安全性が研究され、安全性の高いベンゾジアゼピン系の睡眠薬が開発されてきます。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、大脳辺縁系のベンゾジアゼピン受容体に作用して、GABA受容体を介してノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンなどのさまざまな神経の機能を抑制するのです。その結果、不安や緊張が消えて、眠くなることができます。また、睡眠、覚醒にかかわる部位に直接作用しないので、大きな副作用がなくて主流になっています。

睡眠薬の副作用
睡眠薬の副作用なら、一般的に眠気、めまい・ふらつき、頭痛、倦怠感、一過性の記憶障害などの症状があります。他にも、長期間使用していた睡眠薬を突然止めた時に起こる、離脱症状や、睡眠薬を手放せなくなる依存などが起こる心配もあります。

更に、今の睡眠薬は安全性が信頼できますけど、不正服用の場合、重篤な副作用が引き起こされることができますから、注意してください。