睡眠薬の強さの比較

不眠症になったら、本当に辛いです。不眠症の改善は非薬物療法と薬物療法という二種類があります。不眠症の薬物療法はすなわち睡眠薬の利用することです。睡眠薬の種類によって催眠の強さも異なっています。また、個人体質によって副作用、また過敏反応が現れることもあります。それで、睡眠薬を使用するとき、各種類の睡眠の成分、強さ、作用時間を詳しく了解することが必要です。これから、睡眠薬の強さを比較させていただきます。

バルビツール酸系
バルビツール酸系は1950年代から使われ始めた最古の睡眠薬です。眠らせる力は非常に強い事が特徴で、麻酔として使われることもあるくらいです。しかし、強すぎるあまり副作用に注意が必要です。現在では不眠症にバルビツール酸系が使われることはほとんどありません。

ベンゾジアゼピン系
脳内の抑制の神経伝達物資である「GABA」の催眠作用を増強し、自然な眠りを促してくれます。バルビツール酸系睡眠薬と違い、脳に直接作用するものではないため、呼吸器系など重大な副作用が生じる心配がなくなります。副作用がないわけではありませんが、バルビツール酸系のような命に関わるような重篤な副作用を起こすことはほぼありません。長期服用により耐性ができ、服用量を増やす様になる、依存性の問題があります

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
非ベンゾジアゼピン系とは、ベンゾジアゼピン系の改良型の睡眠薬です。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、作用時間の短いものしかありません。現時点で発売されているものは全て超短時間型になります。そのため、非ベンゾジアゼピン系は主に寝つきが悪いタイプの不眠(入眠障害)に用いられ、夜中に何度も起きてしまうタイプ(中途覚醒)にはあまり向きません。