睡眠障害-過眠症のチェック方法

過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態です。

「眠れない日が続いている」となれば不眠症だと考え病院に足を運ぶ方は多いですが、「日中いつも眠いな」「十分な時間寝ているのに眠った気がしないな」と感じていても、それが病気だとは考えない方も多いのではないでしょうか。

このように過眠症は「ただ気が緩んでるだけ」「ちょっと疲れているだけ」と見過ごされてしまいがちで、「自分は過眠症ではないか」と気付きにくいため診断・治療が遅れてしまう事が少なくありません。

では過眠症はどのような症状があったら疑えばよいのでしょうか。

ここでは「このような症状があったら過眠症の可能性がありますので、病院を受診してみてください」という指標になるようなチェック方法を紹介していきたいと思います。

【過眠障害 DSM-5診断基準】

A.主な睡眠時間帯が少なくとも7時間持続するにもかかわらず、過剰な眠気(過眠)の訴えがあり、少なくとも以下の症状のうち1つを有する。

(1)同じ日のうちに、繰り返す睡眠期間がある、または睡眠に陥る。

(2)1日9時間以上の長い睡眠エピソードがあっても回復感がない(すなわち、爽快感がない)。

(3)急な覚醒後、十分に覚醒を維持するのが困難である。

B.その過眠は、少なくとも1時間に3回起き、3ヵ月間以上認められる。

C.その過眠は、意味のある苦痛、または認知的、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を伴っている。

D.その過眠は、他の睡眠障害(例:ナルコレプシー、呼吸関連睡眠障害、概日リズム睡眠-覚醒障害、または睡眠時随伴症)ではうまく説明されず、その経過中にだけ起こるものではない。

E.その過眠は、物質(例:乱用薬物、医薬品)の生理学的作用によるものではない。

F.併存する精神疾患や医学的疾患では、顕著な過眠の訴えを十分に説明できない。

以上、AからFまでを全て満たした場合、過眠症と診断されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です